未来は突然やってくる

20XX年の未来予想

富裕層と貧困層 言論弾圧が行われ信用スコアによって管理される。

富裕層と貧困層 ワンワールド・NWOが完成すると長い年月をかけて国民は家畜のような存在になり、監視社会によって自由がなくなるのですが、それは具体的にどのような世界なのでしょうか? 富裕層と貧困層に二極化する NWOでは富裕層、貧困層(一般人)とに分…

「支配層」と「国民」民衆は何も持たない。

支配の仕組み 今回の記事の内容は完全にフィクションであって、架空の世界、架空の国のお話です。 前回の記事ではNWOが実現されていく過程で共産主義・独裁の傾向が強くなると説明しました。 世界はNWO・ワンワールドに向かって動いているのは間違いありませ…

共産主義NWO 自由のない世界 徴兵制

共産主義・独裁NWO ●TPPはグローバル企業のためにある グローバリズムは長い目で見ると国家(民族性、伝統文化、宗教など)を消滅させると前回の記事で説明しました。一方で経済面については触れていませんでしたので、まず初めにのTPP(日欧EPA)によって何…

NWO・ワンワールドからシンギュラリティ路線へ (温暖化・環境対策2)

シンギュラリティ社会を実現するには 前回までの説明で、これからの時代は地球環境に重点を置いたシンギュラリティ社会・経済が必要になってくると結論付けましたが、具体的にどういう事なのかは話しませんでした。 今回はシンギュラリティ社会・経済、そし…

自然エネルギーの普及。夜勤が禁止される。原子力・火力発電が不要になる社会。(温暖化・環境対策1)

自然エネルギーの普及 このブログでは今まで温暖化、森林火災、サンゴの消滅、砂漠化、人口爆発などを取り上げ、徹底して不安を煽ってきましたが、今後の記事では実現性のある解決策について前向きな話をしたいと思います。 最初に温暖化(環境)とエネルギ…

人口爆発 人間が地球を食い荒らす

人口爆発によって地球環境が悪化する 前回の記事で「温暖化の加速」と「砂漠化」によって地球環境が悪化している事を理解して頂けたかと思います。 そして、それらの現象をより危険な状態にさせるのが今回取り上げる「人口爆発」になります。 現在の世界の人…

温暖化は加速する・砂漠化 

地球は壊れ始めている mirainosekai.hatenablog.com 今まで何度か温暖化について取り上げましたが、その時は、まともな解決策を示しませんでした。記事を書いていても終わりが見えないので、かなり強引な形でSF展開にして無理やり記事を終わらせるしかありま…

未来のペン(文房具)手書きからデジタルのペン入力へ

未来のペン ペン入力によって生活が変わる 今回取り上げるのは「未来のペン」になります。ペンとは私たちが普段の生活の中で当たり前のように使っている書くために使う文房具の事です。 特に珍しくもない、ただ文字や絵を書くために存在するペンが未来の世界…

未来の新聞 未完成なインターネット

未来の新聞はこうなる 今回は新聞が将来どうなるのかについて考えてみたいと思います。 はじめに言いたいのは、この話は私が絶対にそうするべきだと強く主張している訳ではないという事です。あくまで予測に過ぎません。 今回取り上げる「未来の新聞」に関し…

EVバイク

EVバイクはARヘルメットとの組み合わせで新しい乗り物へと進化する 今回はEVバイクについて考察したいと思います。 ○EVへの移行期 mirainosekai.hatenablog.com 今後、ガソリン車からEV車へ移行することは確実なのですが、EV自動車の価格が安くなることや、…

未来の都市(2)都市機能がAIに代替される。森林と都市の融合

未来の都市(2) 森林と都市が融合する 前回の続き。未来の都市(1)では現代の都市には限界があると説明しました。 今回は「未来の都市」が一体どのようになっているかの構想を述べたいと思います。 これは予想ではなく構想です。 おそらく、これは地球上…

未来の都市(1)都市の限界 

未来の都市(1)現代の都市が抱える問題 災害後の世界とは? これまで4回にわたって温暖化について取り上げてきましたが、あまりにも暗い話になってしまい、希望を持たせる必要があったために、敢えてドーム型の都市(生命都市)や宇宙時代という、まるで…

温暖化によるサンゴの消滅 生命都市 

サンゴの消滅と「生命都市」「宇宙時代」 今まで温暖化について説明してきましたが、今後「本当に温暖化するのか」「どれくらい温度が上昇するのか」については、正直な所、現時点で断言することは難しいと思います。このブログに書いてあることは、あくまで…

森林の消滅 人間による破壊と森林火災

森林 温暖化の続きです。 前回は人間が排出したCO2(温室効果ガス)が「森林」「海」に吸収された後、再び大気に戻す仕組みのことを「炭素循環」と呼び、人間の活動が原因で温暖化が引き起こされる事を説明しました。 今回は、炭素循環と関係のある森林につい…

未来の地球環境  温暖化(2) 北極圏の気温上昇

炭素循環 前回は人間の活動によって大気中にCO2(二酸化炭素)及び温室効果ガスが増加し、地球温暖化に繋がることを基礎知識として説明しました。 その次に温暖化を理解するために知っておきたいのが「炭素循環」と呼ばれる壮大な仕組みです。 産業革命以前…

未来の地球環境 温暖化(1) 予測不能な未来へ

温暖化(1) このブログでは、今まで未来の技術やサービスについての予想や構想を軸に紹介してきました。既に地球温暖化のタイトルでお気付きだと思いますが、今までと違って明るい話題ではありません。 初めに断っておきますが、ここで紹介する内容は世の…

未来のカフェ ロボットがベテラン店員の動きを再現し、無人店舗になる。

未来のカフェ 未来の無人カフェはAIとロボットが導入される。 はじめに言っておきたいことは未来のカフェが全て無人化される訳ではないということです。 当然、未来になっても有人のカフェが残るのは間違いないので、有人か無人かは消費者の好みで自由に選択…

未来の「アパレルショップ」は実店舗が消え、ネットショップに。製造は無人化し、商品は現地生産される。

未来のアパレルショップ(アパレル業界) 未来のアパレルショップは実店舗が消え、ネットショップになる。 今回、取り上げるアパレルショップも、未来の世界では食品スーパーマーケットと同じように実店舗が消え、ネットショップだけになるでしょう。 mirain…

未来のコンビンスストアは無人店舗になる。 「未来の容器」の普及によってロボットの導入が進む。

未来のコンビニエンスストア 前回は食品スーパーマーケットを紹介しました。 未来の世界では実店舗がなくなり、ネットショップに移行すると予想しましたが、コンビニに関してはどうなるでしょうか? 私は「コンビニ」と「食品スーパーマーケット」では、そも…

未来の「食品スーパーマーケット」は実店舗が消えてネットショップに。商品は「無人配送」で運ばれる。

未来の食品スーパーマーケット(食料品店) このブログでは以前、「無人配送システム」を紹介しました。 mirainosekai.hatenablog.com 当たり前の話ですが、「無人配送」は自動運転が実用化しないと絶対に実現することはありません。 今回は無人配送が実現し…

スマートウォッチはデバイスレス化の流れを生み出す

ウェアラブルデバイスがもたらすもの 未来のスマートウォッチ 「ウェアラブルデバイス」とは服やアクセサリー、ゴーグルなどにコンピューターを組み込み、身に付けるようにして利用するタイプのデバイスです。 未来の世界で最も活用されると考えられるウェア…

動物型ロボット (ヘビ型ロボット)

ヘビ型ロボット 今回は動物型ロボットの中でも、活用法があまり理解されていないと思われる「ヘビ型ロボット」を紹介します。 未来の「ヘビ型ロボット」は、その特殊な形状から、本物のヘビのように地面を這うように進みます。 この動画の「ヘビ型ロボット」…

動物型ロボット (鳥型のロボット)

鳥型ロボット 前回、紹介したペットロボット以外にも、様々な種類の動物型ロボットの開発が進められています。 今回は未来の世界で、動物型ロボットが、どのような場面で利用されるのかについて考えてみたいと思います。 多目的に活用されるでしょうが、ペッ…

ペットロボット

ペットロボット 「癒やし」と「遊び」 今回、紹介するペットロボットはホームロボットと同じように将来、私たちと一緒に暮らすことになります。 「癒やし」 ペットロボットの最大の特徴はストレス社会に生きる私たちを「癒やし」てくれることです。 一般的に…

無人農業 (3) バーチャル空間で開発する

無人農業 (3) バーチャル空間で開発する 前回は植物工場について取り上げましたが、今回は再び(1)の屋外で行う農業を考察したいと思います。 まず、抑えて起きたい点は植物工場が全ての作物を育てられるようになるには照明(ランプ)の技術革新が起き…

無人農業 (2) 未来の植物工場 

無人農業 (2) 植物工場は自動倉庫化し、無人化に向かう 前回、紹介した無人農業は農地で行われるものでした。 つまり、屋外での農業でしたが、今回は屋内の植物工場について考えてみたいと思います。 普段、私たちが目にする機会が多い屋外での農業は、見…

無人農業 (1) 農業はソフトウェアによって無人化する・AI農業

無人農業の時代がやってくる 未来の農業はAI・ソフトウェアによって無人化へ向かう。 みなさんの中にはAI・ロボット・自動運転車と聞くとハイテクなイメージを持たれる方も多いかと思われますが、それらは今後、ハイテクの分野にとどまらずに将来的には自然…

無人配送システム (4) 未来の容器

無人配送システム (4) 未来の容器 消費者が商品を識別する仕組み 前回は、消費者がタグの付いた商品にスマートフォンをかざして情報を読み取り、ディスプレイに表示するという仕組みを紹介しました。(未来技術なのでスマートフォンからも読み取れるとい…

無人配送システム (3) タグの仕組み RFID(ICタグ)

無人配送の仕組み(3) タグの仕組み RFID(ICタグ) 前回の続きです。 タグ RFID(ICタグ)の中には、あらゆる情報が入る (ここで説明するタグというのは未来技術で作られている設定です。今あるものとは違っているでしょう) 規格化された容器にはRFID(I…

無人配送システム (2) 配送トラックの説明 物流の無人化

無人配送システム 配送トラック 配送方法の解説 前回の続きです。 前回は、無人配送システムはRFID(ICタグ)の付いた規格化された容器(箱、ボトル)で管理・運搬するところを説明しました。 製造現場(工程の終わりの方)ではアームロボットやソーター(仕…