未来は突然やってくる

20XX年の未来予想ブログ。

EV車(電気自動車)が普及した世界

電気自動車(EV車)


将来、ガソリン車からEV車への転換が行われると言われています。
f:id:whosha:20170619233548j:plain みなさんも電気自動車が少しずつ市場に現れ始めているのをご存知だと思います。

街中でEV充電スタンドを目にする機会も増えました。

この状況が少しずつ拡大して、未来の世界ではガソリン車の殆どが姿を消して、

EV車(電気自動車)が主流になっていると予想します。


EV車のメリット


クリーンエネルギーを使った場合になりますが、EV車ですと地球環境に与える負荷がガソリン車に比べて殆どゼロになります。


この点でEV車が未来の世界では普及している必要があるのです。

では次に、利用者の立場から考えて、一体どんなメリットがあるのでしょうか?

1 ガソリンスタンドに行く必要がなくなる。


その代わりに充電スタンドが普及すると思いますが、自宅で充電出来るようになるので、従来のように頻繁にガソリンスタンド(充電スタンド)に行くことが無くなります。

未来の世界では自動運転車とEV車の組み合わせによって車から降りた後は、自動で駐車場まで行って充電してくれるようになるでしょう。

mirainosekai.hatenablog.com

2 EV車の維持費が安く済む。

社会全体がクリーンエネルギーを推進して、低コストで電力が作り出せるようになると、電気代が安くなり利用者も増え、EV車社会が本格化します。



3 ガソリンを燃やす訳ではないので環境負荷がかかりません。



EV車はガソリン車に比べ音が静かですので、騒音問題が解決する。

電力はクリーンエネルギーによって得られますので

未来の世界では自然環境と調和した社会構造へ転換します。


4 EV車はガソリン車に比べ構造がシンプルに作られています。


部品点数が少なく、製造にかかる人的コストを抑えることが出来る。


利用者側ではメンテナンスの容易さがメリットとして挙げられるでしょう。

EV車になりますとガソリン車の内燃機関系の故障を完全に排除できます。



5 EV車が普及し、電気代が安くなれば、あらゆる物を低コストで輸送することが可能となります。



利益を追求する企業にはコスト面でのメリットも有りますが、物の値段が安くなることで、私達の生活にも恩恵があります。

未来の世界では「自動運転車」+「EV車」+「AI」+「ロボット」の組み合わせで製造業と物流の世界が変化し、最終的には無人配送が主流となる。

mirainosekai.hatenablog.com

社会全体で従来までの無駄なコストを省くことが出来ますので、その結果、無駄な労力をかけないで済む「豊かな暮らし」が実現されるでしょう。

繰り返しになりますが、EV車が普及するとガソリンから電気に切り替わるだけでなく、同じ時期に「自動運転車」「AI」「ロボット」も登場するので

社会構造が一変するのです。



mirainosekai.hatenablog.com

エネルギー・環境の面では、

これからもガソリン車によって膨大なエネルギー消費をして環境負荷をかけ続けるのか?それともEV車+クリーンエネルギーへの転換によって環境負荷を減らすことが出来るのか?


未来社会では、クリーンエネルギーの推進とEV車の普及によって、環境負荷のかかるエネルギー消費をしない方向に発展していると思います。