未来は突然やってくる

20XX年の未来予想ブログ。

AI(人工知能)

未来のAI


f:id:whosha:20170705082710j:plain

AI (artificial intelligence)人工知能の解説です。
このブログの記事では、頻繁にAIという言葉を使ってきました。

未来予想ブログではAIとは未来のAIのことで「人間を超えた知性」と定義して扱っています。

しかし、まだ未来に登場するような完全なAIは登場していません。

ですから、はじめに「現在のAI」と「未来のAI」が違うことを、ご理解ください。

世界中の研究者が様々なアプローチで「AI」開発に取り組んでおり、現在ではビッグデータを用いた機械学習・深層学習が主流になっています。

それらの技術によって、チェス・囲碁・将棋・クイズ番組などでプロを打ち負かしたことは、大変な成果だと思いますが、残念ながらAIには「自分が何をしているのか」という自覚が一切ないので、今はまだ、高度に進化した計算機という段階にあると思います。

たとえば、チェスをしているAIに向かって、「何をしているのか」と質問したとします。


AIは「チェスをしている」と答えるかも知れませんが、それは、そういう質問があった場合、こういう風に答えれば妥当であるという、質問と答えのパターンが予め用意されていたり、もしくは、チェスの特徴を抽出して、ネットの情報を大量に参照して判断してるに過ぎないのです。

つまり、分かりやすく説明すると、AIはチェス96%、オセロ4%・・・といった感じで常に%の割合で判断しているわけです。

そもそもAIには言葉の意味を理解することや意識がないので、いくら%の割合で判断して、もっともらしい回答を得られたとしても、本当の意味で質問に答えたことにはならないのです。

そういったAIの持つ弱点を踏まえて、現行の「限られたことしか出来ないAI」と未来に登場すると思われている、言葉の意味を理解する「何でもこなせるAI」の2つを分けるべきだという考えが生まれました。

このようにして、最近ではAIは分かりやすく「弱いAI」や「強いAI」もしくは「特化型AI」や「汎用AI」と呼ばれて区別されています。

現在のAIは、まだ進化中なので「弱いAI」であり「特化型AI」の領域に留まっています。

つまり、言い方が悪いですが、現在において、限られた範囲のことを計算機のように処理する特化型のAIは、はぼ完成したということです。


今後のAI研究が目指している究極の到達点は「言葉の意味を理解」することだと考えられています。

そして、もう一つの究極の目標は「自我」(意識や人格)をAIが持つという点です。

「言葉の意味を理解」・「自我」をもったAIが登場した場合、人間と本当の意味での対話が可能になります。


それは、現在のAIが行っている擬似的な対話ではなく、AIが自我を持ち、言葉の意味を理解した上での対話が成立し、その時、AIがSF小説に出てくるマザーコンピュータのような、人間を遥かに超えた究極の知性を獲得して、人類の科学技術が天文学的に進歩するのでは・・・と言われています。

そのことを「シンギュラリティ」(技術的特異点)と呼び、一つの思想のようなものが形成されて、世界中で話題になっています。

しかし、このブログでは、どちらかというと、先の先の技術革命であるシンギュラリティのことは出来るだけ書かないようにしています。

現在の技術の進化系と応用で、どれだけ社会が変わるのかというのを思考実験しています。

要するに実現性のありそうなことを中心に扱ってるということです。

このブログが取り扱っている未来の技術は、シンギュラリティの前段階にあたるプレ・シンギュラリティ期に実現すると思われているものが殆どです。

次回以降は、「現在のAI」から「未来のAI」に至るまでの過程と「未来のAI」によって実現出来ることについて考察したいと思います。